読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LS&TK's SE Life Log

SE備忘録

Vue.jsこそ私が求めていたフレームワーク

Angularとの今までの生活

去年よりJavaScriptの世界に入門し最初に触れたフルスタックフレームワークであるAngular JSは、正直解らないことだらけでした。解らないなりに書籍を読み漁り、ネットの情報に目を通し、チュートリアルをやりました。ですがやれControllerだFactoryだDirectiveだComponentだの新しい概念が入り乱れる中自分に身についたものは薄く、フロントエンドに高い壁を感じてしまった半年でした。

そこでであったVue.js

そんな中、SPAを構築するためのフレームワークについて調べているとAngular以外にもたくさんあることを知り、その中でもVue.jsに惹かれます。その理由はVue.jsが売りにしている学習コストの低さ。面白いくらい簡単にリアクティブなWeb画面が作成できます。ガイドが日本語で用意されているのもポイントです。 Angular.jsはフルスタックフレームワークであり、Angular Wayと良い意味でも悪い意味でも呼ばれるような独特なコードの書き方を求められます。これが正直JavaScript初心者である自分にとっては鬼門でした。しかもAngularはバージョン毎にAPI仕様が大きく変わっていたり、ベストプラクティスがかなり変遷していたりします。これはかなりググラビリティが悪く初心者には更なる追い打ちとなっていました。 Vue.jsはフルスタックではなくその名の通りView(vueと同音)レイヤーのフレームワークです。よってロジック側は通常のJavaScriptで書いていきます。なのでJavaScriptの特別な書き方などは必要ありません。また、ライブラリとの組み合わせも自由なので自分のレベルにあった利用方法がしやすいです。

はじめて作れたWebアプリ

そして真剣に取り組んで週末2日間でクイズアプリを作成することができました。

Quiz-vue https://github.com/TakahiRoyte/quiz-vue

中身はまだまだショボいですが、一人で何かを作成するということを今までしたことがなかったので一つ大きな自信に繋がりました。社内の合同学習の為に作っているので当該アプリはこれからもブラッシュアップしていく予定です。そしてこれとは別にVue.jsをメインに個人的なWebアプリの作成も続けていきたいと思っています。